高槻城跡公園

         
水彩スケッチ 
2010年 
165x235mm

大阪高槻に石垣などわずかですが城跡が残っています。織田信長の摂津侵攻の際、活躍した和田惟政という武将が城主となり、その後キリシタン大名の高山右近の居城となりました。そのとき領内に20ものキリスト教の教会を建て、2万人近くの領民がキリスト教徒になったといいます。江戸時代になると高槻城は高槻藩永井氏の居城となりましたが、明治の初めに廃城。石垣などは東海道本線の敷設工事に使われたそうです。近くには、高山右近没後350年を記念して1962年建てられた高山右近記念聖堂があります。このスケッチは昨年11月にカルチャーハウスのスケッチ教室で描いたものです。


安田泰幸アート&スケッチ


YASUDA YASUYUKI

水彩画スケッチ紀行

茄子作の民家
大阪枚方



水彩スケッチ
2010年
280x380mm

茄子作と書いて「なすづくり」と読みます。大阪府枚方市にある地名です。昔茄子をつくっていたからとか、皇族の鷹狩りの鷹につける名鈴(なすず)をつくっていたからとか、由来はさだかではないようですが、なかなかいい地名ではありませんか。6月のカルチャーハウス月曜クラスは、受講されている地元のかたのお世話で、ここでスケッチしました。いまは住宅地になっていますが、長屋門をかまえた大きな屋敷がそこかしこに点在し、家々の間には畑やこんもりした森も残っています。春日神社のそばの大和棟の古い立派な家を、みなさんと一緒に描きました。
                                           
水彩スケッチ 「大阪城とホテルニューオータニ」 2010年  160x226 mm

大阪 天満橋
土佐堀川



ポストカード水彩スケッチ 
2006年 
119x160mm

大阪ビジネスパークの方から大阪城に向かうと、内濠にかかる極楽橋を渡ります。橋のたもとから見る天守閣は壮大で、好きなアングルです。

Copyright (C) Yasuda Yasuyuki YY-STUDIO All Right Reserved

水彩画スケッチ紀行TOPへ

TOP PAGEへ

水彩画スケッチ紀行
大阪ええとこ

01  02  03  04  05  06  07  08  09 10 11 12 




大阪中之島
大阪市中央公会堂
正面



水彩スケッチ
2004年 
120 x 165 mm

大阪中之島の中央公会堂は大阪近辺でスケッチされる方が必ず描かれる場所です。このスケッチは、2004年にカルチャーハウス香里ヶ丘のスケッチ講座で、みなさんと一緒に描いた一枚です。線のゆがみ方が気に入っています。絵具のムラもこうして見ると楽しいものです。
2010/11/14記

          
       
大阪御堂筋
秋を想う
戎橋あたり



ポストカード水彩スケッチ 
2009年 
120 x 166 mm

9ここのところ、急に肌寒くなってきました。台風が近づいたりでしばらくぐずついた天気が続いていましたが、ようやく今日は晴れました。神戸の銀杏はまだ、青いですが、道路にはぎんなんの実がたくさん落ちています。大阪御堂筋の銀杏並木は11月の終りから12月の初めにかけて、見事に黄金色に輝きます。  
■パナソニック電工2010年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉」11月に掲載

        
 


水都大阪
堂島川と中之島



水彩スケッチ
2009年 
280x380 mm 

昨年、スケッチの教室で水都を描こうと、天満橋で集まる予定にしましたが、雨が降って、急遽場所を変更し雨が降っても濡れない高架道路の下から、みなさんと一緒に中之島を描きました。大阪の街も次から次に高層ビルが建ち、どんどん景観が変わっていくなあというのが実感です。
2010/5/30記


大阪高麗橋
旧日本教育生命保険


水彩スケッチ 
2007年 
157x226 mm  

大阪の三休橋には、綿業会館をはじめ、優れた近代建築が残っています。高麗橋界隈に、明治時代に建てられた煉瓦造りの建築があり、目をひきます。20年ほど前私が初めてこの建物を描いたときは、大中証券のビルになっていました。その後フランス料理のレストランなどにも利用されていました。設計は東京駅や日本銀行を設計した辰野金吾と片岡安の建築事務所です。南隣はW.M.ヴォーリズが設計した日本基督教団浪花教会で、東隣りは、料亭本吉兆の高麗橋本店です。



大阪服部
服部天神宮



2009
 120x165mm


「経済人」2009年12月号

大阪服部
住吉神社能舞台



ポストカード水彩スケッチ
2009
120x165mm


「経済人」2009年12月号




大阪本町
北御堂



ポストカード水彩スケッチ 
2009年 
120x165 mm  

昨日は南御堂でしたので、今日は大阪の御堂筋本町にある北御堂です。浄土真宗本願寺派津村別院といいます。本願寺十二世准如が16世紀末に開創した寺です。この北御堂と南御堂があるので、御堂筋と呼ばれるようになりました。
■「経済人」2010年5月号

ポストカード水彩スケッチ 「 あびこ観音 吾彦山大聖観音寺 大阪 我孫子 」 2010年 120x164mm  
ポストカード水彩スケッチ 「 大阪市立大学1号館 大阪 杉本町 」 2010年 120x164mm  
ポストカード水彩スケッチ 「 住乃江味噌池田屋本舗 大阪 住吉 」 2010年 120x164mm  
ポストカード水彩スケッチ 「 大阪 住吉大社反橋 太鼓橋  」 2010年 120x164mm  
ポストカード水彩スケッチ 「 大阪 住吉大社  」 2010年 120x164mm  
水彩スケッチ 「大阪中之島 大崎市中央公会堂 正面」 2004年 120 x 165 mm
ポストカード水彩スケッチ 「大阪御堂筋 秋を想う」 200年 120 x 166 mm

水彩スケッチ 「茄子作の民家 大阪枚方」 2010年 (280x380mm)

大阪ええとこ                                                      01 


あびこ観音
吾彦山大聖観音寺
大阪 我孫子



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm  

大阪市営地下鉄あびこ駅近くの、「あびこ観音」は、観音宗の総本山。五世紀に創建され、聖徳太子の開基と伝わる、日本最古の観音菩薩の寺です。2月3日の節分厄除大法会には本尊聖観音菩薩が開帳され、多くの参拝者でにぎわいます。
2011/1.24記
■関西経済連合会発行「経済人」
 2011年1月号表紙に掲載
           
住乃江味噌
池田屋本舗
大阪 住吉



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm  

旧熊野街道沿いの、住吉大社の門前町に、土壁に板塀をめぐらした古い商家がたっています。名物の住乃江味噌を商う老舗池田屋です。元禄年間の創業。住乃江味噌は明治時代の初めに病弱であった当時の主人の母のために栄養がつくものをと、味噌に砂糖、胡麻などを加えつくりだされたものだとか。大阪にはこの味噌のファンも多いようです。店は明治時代に建てられ、廂屋根の上の住吉大社の高燈籠を模した目印が目を引きます。国の登録有形文化財になっています。
2011/1/21記
■関西経済連合会発行「経済人」
 2011年1月号表紙に掲載

住吉大社
反橋 太鼓橋
大阪 住吉



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm  

南海電車の住吉大社駅から東へ少し歩くと、路面電車の線路があり、阪堺電軌の住吉鳥居前の停留所です。ここから住吉大社の境内で、鳥居の両脇に商船会社が寄進した大きな石燈籠がならんでいます。鳥居をくぐって進むとすぐ朱に塗られた反橋に出会います。慶長年間に淀殿が寄進したものだそうです。私が子どもの頃は太鼓橋と言っていました。その頃はとても大きな山のような橋の印象でしたが・・・。
2011/1/19記
■関西経済連合会発行「経済人
  2011年1月号表紙に掲載
■住吉大社案内ブックレット
 


初辰さん
大阪住吉大社
楠珺社



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm  

大阪の人は住吉大社を「すみよっさん」と呼びます。そのすみよっさんの末社へ毎月初めての辰の日にお参りすることを初辰参りといって、商売発達を願う人たちの間でさかんに行われています。楠珺社ではお参りすると500円で小さなかみしも袴姿の猫を授与していただけます。偶数月には右手を上げた商売繁盛の子猫、奇数月には左手を上げた家内安全の子猫です。毎月お参りして4年、48体集まると四十八辰-しじゅうはつたつ-始終発達で満願成就。それを納めると中猫1体と換えていただけます。12年かけて左右一対の中猫と48体の子猫を納めると大猫1体と換えていただけ、24年で大猫の対になるわけです。NHKの朝ドラ「てっぱん」のお好み焼き屋「おのみっちゃん」の店内にも飾ってあるとか。
2011/1/25記
■関西経済連合会発行「経済人」
 2011年1月号表紙に掲載
                           
大阪市立大学
1号館
大阪 杉本町



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm  

JR阪和線杉本町駅そばにキャンパスがある大阪市立大学は、明治時代1880年に、五代友厚など大阪財界の有力者16名によって創設された大阪商業講習所が発展してつくられた日本最初の市立大学です。旧制大阪商科大学の時代に建てられた当時の本館は、国の登録有形文化財になっています。スケッチしたのは風の強い寒い日で、築山の枯れ残ったバラの花が寒そうに揺れていました。
2011/1/23記
■関西経済連合会発行「経済人」
2011年1月号表紙に掲載

蹉跎神社
枚方市


ポストカード水彩スケッチ 
2010年 

10月のカルチャーハウス香里ヶ丘のスケッチ講座月曜クラスは、枚方市の蹉跎神社へ行きました。この神社が創建されたのは古く、平安時代。蹉跎とは足摺りのことです。菅原道真が左遷され、太宰府に向かう途中、このあたりで休んで、京を振り返り名残りを惜しんでいたそうで、父の後を追いかけた娘の苅屋姫が少しの差で会えなかったことから足摺りした場所だそうです。のちこの話を聞いた道真が自身の木造を彫り娘に贈ったものを、祀ったのがこの神社のはじまりとか。ひっそりした小さな社にも、いい話が残っているものです
2010/10/18記


住吉大社
大阪



ポストカード水彩スケッチ 
2010年 
120x164mm 

ことしも関西経済連合会発行の「経済人」の表紙にスケッチを掲載していただきます。「スケッチ紀行・歴史を歩く」は今年で15年目、1月号は第165回。大阪住吉を歩きます。スケッチは正月三が日多くの参拝客で賑わった大阪住吉大社です。西暦211年創建と伝わる歴史のある神社です。海上守護を司る住吉大神と神功皇后を祀り、境内には本宮が4つあります。スケッチはそのうちの第三本宮の拝殿で、奥に第二本宮、第一本宮と続きます。摂津の国一宮とされ、住吉造りと呼ばれる4棟の本殿はすべて国宝です。この近くの高校に通っていましたし、当時住んでいた家からも近かったので、私には懐かしいところです。
2011/1/17記
■関西経済連合会発行「経済人」
 2011年1月号表紙に掲載
                                                                  
田尻歴史館
旧谷口房蔵家別邸


水彩スケッチ 
2008年
157x203mm

関西国際空港の対岸、大阪府田尻町に、明治から大正時代にかけて、関西の繊維業界で活躍した実業家
谷口房蔵の別邸が残っています。ドイツ世紀末ユーゲントスティール風のデザインの洋館で、階段室の窓や鴨居のステンドグラスが可愛いアクセントになっています。国の登録有形文化財。
一昨年に引き続き、9月17日からこの建物の中でスケッチの個展をさせていただくことになりました。
2010/9/8記


大阪本町
南御堂



ポストカード水彩スケッチ
2009年
120x165 mm  

大阪の御堂筋本町にある南御堂です。真宗大谷派難波別院といいます。東本願寺12世教如が、16世紀の終りに開創しました。新緑の銀杏の並木がみずみずしく、気持ちの良いスケッチでした。
■「経済人」2010年5月号

大阪 天満橋
土佐堀川


水彩スケッチ
2008年 
155 x 200 mm  

大阪の中心を流れる土佐堀川にかかる天神橋から、東の天満橋の方面を見た風景です。正面の橋は天満橋で、左側は中之島の桜です。遠くに見えるのは大阪城のそばの大阪ビジネスパークの高層ビル群です。水の都と呼ばれる大阪には、かつて多くの堀がめぐり、水運で栄えました。このあたりから西にかけては江戸時代に全国の諸藩が建てた蔵屋敷が建ち並び、米や諸国の名産品が集まり、たくさんの船が往き来していました。「天下の貨七分は浪華にあり、浪華の貨七分は戦中にあり」といわれたほどです。京都からは三十石船が淀川を下り、絵の右、天満橋の南詰の八軒家につき、ここから、高野山や伊勢へ向かう人でにぎわったそうです。いま、中之島や大川をめぐる、遊覧船アクアライナーが水上を滑るように進んでいきます。
■「国づくりと研修」2008年夏号