2017年5月17日
朝日カルチャーYY絵はがき講座の5月は京大の農学部旧演習林事務室で。1931年に大倉三郎の設計で建てられたバンガロー風のモダンな木造建築。オレンジ色のスペイン瓦も素朴で、ちょっと田舎風のあたたかな印象。このたたずまいが好きで、過去に何度か描かせてもらっている。受講者個人個人のイメージをできるだけ、思い切って、自由に表現してもらうようにした。


2017年5月20日
朝日カルチャーセンターのYY街旅スケッチ講座の5月は大阪・服部緑地の民家集落博物館。
受講の方々の絵にアドバイスをしながら、先日TVで見た、伝統を受け継ぐ高齢の職人と、何百人もの村人やボランティアの力を借りて、何十年に一度の屋根の葺き替えを実行した若い家族の感動的なドキュメンタリーを思い浮かべながら、飛騨の合掌造りを描いてみた。
2017年5月18日
パナソニックの2017年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-繁栄」の5月は「健康は無上の宝」という言葉。持てる能力を十分に発揮するために、心身の健康は基本という。
古代ローマの温泉保養地ヒエラポリスがあった、トルコのパムッカレの石灰岩と温泉がつくる、棚田のような美しい景観を合わせた。




ムック本「名所を歩く-関西スケッチさんぽ」
作品掲載のお知らせ


京阪神エルマガジン社から発行されたムック本にいくつかの作品が掲載されています。スケッチを趣味にしている方への一言アドバイスも書いいます。

2016年10月 京阪神エルマガジン社発行 
定価980円+税 
関西地区の書店、コンビニで販売中。
朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 街旅スケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222

Y  A  S  U  D  A   
Y  A  S  U  Y  U  K  I

Y  A  S  U  D  A   Y  A  S  U  Y  U  K  I

 

新刊 「神戸街角ものがたり」
神戸新聞総合出版センター発行
定価1,890円 書店で発売中

新刊 「大工道具物語」
朝倉書店発行
定価1,890円 書店で発売中


2017年5月19日
木造モダニズム住宅の先駆的存在として注目されている、藤井厚二設計の聴竹居が重要文化財になることが決まったそうだ。以前からずっとお世話になっているMさんから絵はがきをつくりたいとのお話があり、スケッチさせてもらい、4枚セットの絵はがきになった。もう10年近く前のことである。Mさんは竹中工務店の設計部で活躍しておられるが、同じ竹中工務店に在籍していた藤井厚二の作品の保存に尽力され、聴竹居倶楽部の代表でもある。その後も何回かスケッチしたり、スケッチ講座で描かせてもらったり、パナソニックのカレンダーにスケッチを使わせてもらったりと、たいへんお世話になっている。多少なりとも、関わりをもたせてもらった建築が、国の文化財として保存されることになったのはとてもうれしいことだ。

2017年5月6日
日立造船2017年カレンダー「風とともに」は、日立造船の事業ドメインの一つである“風のエネルギーを利用する技術”をテーマに1年間展開しているが、5‐6月は高床式の建物で涼風をとり入れる工夫を施したタイのアユタヤの宮殿を描いたコラージュ。


2017年5月2日
関西経済連合会発行広報誌「経済人」2017年5月号表紙は、滋賀県の水口のスケッチで構成した。東海道五十三次の江戸日本橋から50番目の宿場。西に水口城、東に3筋に分かれた街道の町並みが続く。高札場があった付近の家並みは往時の面影を残す。そのほか、W.M.ヴォーリズ設計の教会や図書館、大池寺などのスケッチ。

2017年4月14日
日立造船の2017年卓上カレンダー4月は、オランダ、アムステルダム郊外のザーンセスカンスの風景。
風車で風の力を動力に変え、干拓のための排水はもとより、パンのための製粉、チーズなど乳製品、カカオを挽いてチョコレートやココア、マスタード、顔料や塗料、製材・・・さまざまなものをつくったものづくりの村。村のたたずまいに、村人の知恵と努力と感性が息づいている。

2017年4月11日
神戸新聞文化センターのYY街角スケッチ講座、4月は摩耶ケーブル下の桜のトンネルで、満開の桜を描く予定であったが、当日は雨。予定を変更してハーバーランドから、中突堤に停泊中のクルーズ船ザ・ワールドを描くことにした。この船は普通の客船ではなく、世界唯一のレジデンシャルヨット。キャビン(客室)はマンションのように分譲され、オーナーはいつでも自由に上下船でき、居住できる。年じゅう世界を巡航しているが、寄港先と詳細な日程は非公開だそうで、行き先もキャビン・オーナーの自治会のようなところで決めるとか。2002年の就航以来世界の歴史的文化的な都市やリゾート地をめぐっているが、同じ都市に再度寄港することはないという。例外的に日本の港には何度か訪れており、特に神戸港へは今回で4度目とか。


2017年4月8日
パナソニックの2017年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-繁栄」4月は、「百花繚乱 人さまざま」という言葉。さまざまな花が咲き乱れる中に自然の豊かさがあるように、多種多様な人すべての個性や才能を生かしてこそ彩りのある社会が築かれると。
ミズバショウ、エンコウソウ、…。春の陽射しをあびて咲く個性豊かな可憐な高山植物のスケッチを添えた。

2017年4月2日
関西経済連合会発行広報誌「経済人」2017年4月号表紙は徳島市を歩いたスケッチで構成した。
徳島城は徳島藩蜂須賀氏二十五万石の居城であった。明治初めの廃城令によって、城内の建築物はすべて取り壊された。徳島市内にある眉山の石を使って築かれた石垣が一部残っている。表御殿庭園は阿波特産の青石を立体的に組み、変化のある池泉や築山の景観をつくっている。そのほか、高校にある阿波人形浄瑠璃の劇場。阿波藍の栽培が盛んだった郊外の豪農の屋敷。佐古の配水場や市内の医者の邸宅などの登録文化財のすけっちなども・・・。


2017年3月1日
トゥボン川沿いのバクダン通りの一区画は200m足らず。5点のスケッチをつないでみる。現地で撮った写真も、D.ホックニー風にモンタージュしてみた。これら5点のスケッチは、ベトナムスケッチ旅行に参加していただいた5名の方への記念品として、思い出を共有していただくため進呈する。
高等学校の教科書の表紙に
スケッチが掲載されています。

このほど、スケッチが表紙に掲載された高校日本史の教科書が発行されました。第一学習社「高等学校日本史A」。表紙と裏表紙に2点。表紙は金沢市に残る、「旧制第四高等学校」、裏表紙は「原爆ドーム」のスケッチです。


神戸港開港150年 
神戸新聞にスケッチが掲載
   
2017年5月12日付  
1868年1月1日、神戸が開港して今年で150周年。
神戸新聞の神戸開港150年特集の紙面の一つに、旧外国人居留地、神戸港ポートターミナル、神戸ムスリムモスクの3点のスケッチが掲載されました。

    

安田泰幸ホームページ
街と旅とスケッチと

チャータードビル 神戸海岸通     2010年  水彩  120x165㎜
関西経済連合会発行広報誌「経済人」2017年6月号の表紙は神戸開港150年にちなんで、神戸港関連のスケッチで構成した。
旧外国人居留地の海岸通り、商船三井ビルの東に並ぶ、チャータードビル。ロンドンに本拠を置く世界的な金融機関チャータード銀行の神戸支店として、1938年に建てられた。設計は丸ビルの建築にも携わったジェイ・ヒル・モーガン。近代化産業遺産にもなっている端正な建築。最近1階に入っていたカフェレストラン「E.H.Bank」が閉店したようだ。
2017年6月3日
関西経済連合会発行広報誌「経済人」2017年6月号の表紙は神戸開港150年にちなんで、神戸港関連のスケッチで構成した。
国道2号線になっている現在の海岸通。開港当時は山側には外国人居留地でアメリカ領事館、スミス・ベーカー商会、ドイツ領事館、フランス郵船、コーンス商会、英国領事館などが並び、明治の終わりには香港上海銀行やオリエンタルホテルなど近代的なビルが登場。条約改正後の20世紀になると居留地は開放され大阪商船、日本郵船、兼松など、大手の船会社や貿易会社、銀行などが軒を並べた。


TOP PAGE

SKETCHES

PICTURES

BOOKS

EXHIBITION

FACTORY

LESSON

PROFILE

CONTACT


2017年4月15日
神戸市灘区にある通称桜のトンネル。4月初めのカルチャーハウス香里ヶ丘の講座は開花してなくて取りやめ変更。神戸新聞文化センターの講座では雨だった。2つの講座の受講者の方には申し訳なかったが、4月半ばの朝日カルチャーYY街旅スケッチ講座は午前中雨が降ったが、なんとか実施できた。受講者の方へのアドバイスのかたわら、自分でも描いてみた。以前、下見のときに描いた2枚と趣を変えて。

2017年4月12日
積水ハウス 2017年カレンダー「絆はぐくむ世界の街の時計台」の4月はフェリービルディングの時計塔があるサンフランシスコ。6枚のスケッチで構成。
サンフランシスコ フェリービルディング
もともとは単なるフェリーの乗り場だったが、近年マーケットプレイスに変わり、オーガニックの食料品の市が開かれる。流行の先端を行くレストランや食品の店が集まり、市民だけでなく観光客にも人気のスポットになった。カストロとフィッシャマンズワーフを結ぶFラインの電車といっしょに描いた。そのほか、ファーマーズマーケット、フェリーターミナル、名物のケーブルカー、アラモスクエアのヴィクトリアンハウスなどのすけっちが掲載されている。


2017年4月10日
ことしの桜のシーズンに、朝日カルチャーセンター、カルチャーハウス香里ヶ丘、神戸新聞文化センターと、3つの講座で、ここ神戸の桜のトンネルを描く計画を立てたので、事前に下見に出かけた。ことしは3月、4月と寒く、大幅に開花が遅れていたが、ようやく満開の時期を迎えた桜並木を描く。

2017年4月4日 
ことしの第一学習社発行の教科書「高等学校日本史A」の表紙と裏表紙に2点スケッチが掲載された。表紙は金沢市に残る、旧制第四高等学校。裏表紙が原爆ドームのスケッチ。
2年前に出版社の編集者の方からお話があり、表紙デザイン、検定、教科書に合わせた教育現場向け歴史教育資料の制作、学校に対する教科書採用の営業などを経て、発行が決まった。高校日本史Aの教科書を発行しているのは全国で6社7種。第一学習社のこの本が、発行部数がいちばん多く、12万冊。28%のシェアだそうだ。


2017年3月20日
3月のカルチャーハウス香里ヶ丘YYスケッチ講座月曜クラスは地元の枚方Tサイトを描いてみることにした。コンクリートのガラス張りの箱を積み上げたような現代建築。思いきった絵を描いてもらうため、ここにしたが、ふつうのスケッチ教室はこんなところを題材にしたりしないだろう。垂直と水平の直線、ガラスの映り込み、確かに絵にしにくい。受講のみなさんと一緒に描いた絵は、フリーハンドで、直線にこだわらず、ガラスも大掴みの印象で彩色して、建物とそれを利用する人びとの親近感のようなものを自分なりに表現してみた。

2017年2月28日
スケッチの講座を受講していただいている、有志5名の方とベトナムへ、スケッチ旅行に出かけた。最初の訪問地はホイアン。朝、ホイアン市場を通りぬけ、軽いカルチャーショックを受けた後、まずはホイアンの旧市街を描くことにした。歴史的建造物などがたつ旧市街は、来遠橋(通称日本橋)から続くチャンフー通りとトゥボン川のほとりに続くバクダン通りに挟まれた地域。皆さんがトゥボン川越しに来遠橋を描いておられる間、川に沿ったバクダン通り(Bach Dang Street)の家並みを描いた。我々が学生の頃、戦争で苦しめられていた国とは思えない、穏やかで平和な空気が漂っている。
2017年9月3日
神戸三宮のミント神戸にある神戸新聞文化センターのロビーで、KCC60周年記念の安田泰幸街角スケッチ講座ロビー展が開催された。
9月3日(日)-10日(日)  
神戸三宮 ミント神戸17F
神戸新聞文化センター
出展していただいた7名の方と作品の搬入と設営をする。

INFORMATION

大坂府立中之島図書館でオリジナルグッズ販売中。

中之島図書館のミュージアムショップで、府立中之島図書館をはじめ、中之島の風景を描いたオリジナルステーショナリーが販売されています。絵はがき8種類。一筆箋3種類。封筒と便箋のレターセット。クリアファイルなどです。来館の記念にどうぞ。

カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 月曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 土曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
スケッチ講座のご案内

INDEX




DAY BY DAY

神戸新聞文化センター 
安田泰幸 街角スケッチ講座 


 神戸新聞文化センター三宮
 TEL 078-265-1100

子午線放送局で世代間交流をテーマに
したシリーズビデオ「素晴らしき人生」での
インタビューがYou tubeなどで配信されて
います。
http://www.youtube.com/watch?feature
=player_embedded&v=vQ29eRhwzjc#!


2017年5月10日
積水ハウス 2017年カレンダー「絆はぐくむ世界の街の時計台」の5月は、世界遺産の旧市街広場に中世の天文時計があるチェコのプラハ。市庁舎の建物に独特のとがった屋根のある塔がついている。まさに芸術品の時計と天文図の文字盤は、1410年、時計職人のミクラーシュとプラハ・カレル大学の天文学教授ヤン・シンデルによってつくられた。そのほか優れたチェコの文化を象徴する、プラハ城の参道マラー・ストラナの美しい町並みや、カフカゆかりの黄金の小路、プラハの春音楽祭が行なわれる市民劇場、有名な人形劇など6点のスケッチで構成。

TODAY'S GALLERY

2017年 積水ハウスカレンダー

「絆をはぐくむ世界の街の時計台」

12カ月12の時計塔のある街をとりあげ、時計塔に見守られた人々の暮らしの風景を描きました。
103x12cm、12枚もの。

2017年5月4日
初夏の味、到来物のたけのこ。
ことしもお世話になっている方から、たくさんの筍を送っていただいた。近所におすそ分けしてしても、まだまだ。若竹煮、天ぷら、タケノコごはん…。おいしい。。

日立造船株式会社
2017年カレンダー
「風とともに」


サイト上の画像及び文章を許可なく転載・利用することをお断りします。

Copyright (C) Yasuda Yasuyuki YY-STUDIO All Right Reserved /Produced by Yasuda Yasuyuki  Since 2009/11/20

ポストカード8枚、一筆箋3種、レターセット(封筒・便箋)、クリアーファイル

パナソニック株式会社
2017年卓上カレンダー
「松下幸之助の言葉-繁栄」

朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 絵はがきスケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222
Day by Day