2016年6月6日
関西経済連合会発行の広報誌「経済人」2016年6月号の表紙「スケッチ紀行歴史を歩く」は第232回、京都府木津川市加茂を歩いたスケッチで構成した。
平安時代に創建された浄瑠璃寺。海住山寺、岩船寺、大仏鉄道など、重要な文化財や史跡がいっぱい。
ムック本「名所を歩く-関西スケッチさんぽ」
作品掲載のお知らせ


京阪神エルマガジン社から発行されたムック本にいくつかの作品が掲載されています。スケッチを趣味にしている方への一言アドバイスも書いいます。

2016年10月 京阪神エルマガジン社発行 
定価980円+税 
関西地区の書店、コンビニで販売中。

DAY BY DAY

2017年1月4日
日立造船の壁掛けカレンダー、今年も絵を描かせていただいた。2005年のカレンダーから数えて13年目になる。ありがたいことである。今年のテーマは、日立造船のドメインでもある再生可能エネルギーのプラント・設備事業にあわせ、風と暮らしをとりあげた。タイトルは「風とともに」。1-2月は風見鶏のある異人館。
2016年12月24日
Buon Natale!
パボーニのアートクリスマス展に展示していた作品。
「Do they know Christmas for Africa from Osaka」      
アッサンブラージュ。星の中にトレーシングペーパーに包まれた金属のキ―とナラの実、アフリカのキリンの民芸玩具、ドングリ、外国の切手、ワインのコルク栓、飛行機の落書き、ラテンクウォーターのマッチ。天使の羽根。no more war and hunger。

2016年11月25日    
10月21日から11月25日まで、会期が延長された「安田泰幸-ドローイング展」が無事終了した。
多くの方々に、ご来場、ご高覧いただき、心よりお礼申し上げます。
何点かは、お気に召した方に求めていただくこともできた。特に、いつもの風景スケッチだけでなく、アッサンブラージュやコラージュ作品に興味を示してもらったことが、印象的だったし、うれしかった。

   

2016年10月4日
YASUDA YASUYUKI DRAWING 展
2016年10月4日→21日  
大阪堂島 カーサ・ラ・パボーニ
展示スペースの店の雰囲気に合わせ、以前から描きためていた女性をテーマにしたドローイング・コラージュの作品15点、アッサンブラージュの作品2点、に加え、いつもの風景スケッチ作品14点などを展示した。

TODAY'S GALLERY




2016年6月9日
パナソニックの2016卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-素直」の6月は、
「雨が降ったら 傘をさす」。当たり前のことを着実に実行するところにこそ、成功の秘訣があるという。
パリのノートルダム大聖堂は13世紀に完成したローマカトリックの聖堂で、世界遺産パリのセーヌ河岸の構成要素の一つ。ノートルダムとはフランス語で「私たちの貴婦人」すなわち聖母マリアのことだそうだ。
朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 街旅スケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222

Y  A  S  U  D  A   
Y  A  S  U  Y  U  K  I

Y  A  S  U  D  A   Y  A  S  U  Y  U  K  I

 

新刊 「神戸街角ものがたり」
神戸新聞総合出版センター発行
定価1,890円 書店で発売中

新刊 「大工道具物語」
朝倉書店発行
定価1,890円 書店で発売中

2016年8月4日
関西経済連合会発行広報誌「経済人」の2016年8月号は赤穂の坂越を歩いたスケッチで構成した。旧坂越浦会所は、天保年間に建てられた村の行政事務所。そのほか、奥藤酒造の酒蔵や妙道寺、妙見寺の観音堂、それに大避神社の船祭りなど。


2016年7月24日
同窓会の役員をしている同級生から要請があり、いままでの新聞形式からカラー冊子に変わる同窓会報に絵を提供した。通っていた高校が北畠にあり、大半の生徒が阪堺電軌の上町線を利用していた。明かり採りの窓がついたダブルルーフ型で明かり採り窓の外側に水雷型の換気装置ベンチレータが並ぶ。子どもの頃から親しんでいたこの型の電車は1967年まで現役だった。

2016年7月20日
朝日カルチャーセンターYY絵はがきスケッチ講座の7月は京都紫野の大徳寺で。快晴でかんかん照りの境内で、わずかな影をさがしてのスケッチ。14世紀、大燈国師宗峰妙超の開基になる、臨済宗大徳寺派の大本山。境内の塔頭聚光院の近くから見える法堂の軒と松を描いてみた。

2016年7月11日
パナソニック2016年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-素直」の7月は、「きょうの最善 あすの最善」という言葉。時々刻々と変化する世の中のニーズに素直な心で迅速に最善を尽くすことが重要という。この言葉に、当時、最善の技術で日本の近代化を支えた、三池炭鉱万田坑のスケッチを合わせた。このカレンダーの入稿のあと、世界遺産に登録された。国重要文化財。国史跡。経産省近代化産業遺産。

2016年5月25日
「安田泰幸街角スケッチ講座」を担当させてもらっている神戸新聞文化センターの、2016年合同教室展が5月25日から29日まで、兵庫県立美術館ギャラリーで開催された。この合同作品展にわが講座からも出品しようと、受講者有志のみなさんに出品してもらった。講師として「京都寺町通の老舗」1点を一緒に出品。


2016年10月10日
ドローイング・コラージュの作品と、いつもの風景スケッチ作品。
それに今回はこんな作品も展示した。
YASUDA YASUYUKI DRAWING 展
2016年10月4日→21日  大阪堂島 カーサ・ラ・パボーニ

安田泰幸ホームページ
街と旅とスケッチと


2017年 積水ハウスカレンダー

「絆をはぐくむ世界の街の時計台」

12カ月12の時計塔のある街をとりあげ、時計塔に見守られた人々の暮らしの風景を描きました。
103x12cm、12枚もの。

大阪府立図書館オリジナルステーショナリー
2大阪中之島図書館2Fのライブラリーショップで販売されています。


カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 月曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 土曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
スケッチ講座のご案内

INDEX


2016年7月21日
日立造船2016年カレンダー「太陽とともに」の7-8月は、瀬戸内海に面した巨大な太陽発電プラント。一昨年夏、カレンダーの原画を描くために因島へ出かけた。神戸から車で。尾道から、しまなみ海道を渡り因島へ。一泊して次の朝、発電所が見渡せる丘へ。強烈な陽射しに輝く太陽光パネル群を持参の画用紙に描いた。仕事の後、せっかくなので、因島をめぐる。この島には何回か来ているが、今まで訪ねたことがなかった大浜崎へ。灯台を見たかったが、付随している信号所跡の景観がすばらしかった。

2016年6月11日
日立造船2016年カレンダー「太陽とともに」の5-6月は、かつて、太陽熱により海水を蒸発させ塩を製造していた時代に使われていた入浜式塩田と流下式塩田を描いたもの。化学的に塩を生産できるようになって、日本各地の海辺から姿を消した塩田だが、赤穂の「塩の国」には博物館として残している。

2016年5月26日
Panasonicの2016年海外向卓上カレンダーの5月は国内向けと同じイタリアヴィンチ村の絵柄。

2016年5月19日
5月19日付朝日新聞の夕刊に朝日カルチャーセンターのYYの絵はがきスケッチ講座の記事広告が掲載された。
神戸新聞文化センター 
安田泰幸 街角スケッチ講座 


 神戸新聞文化センター三宮
 TEL 078-265-1100

子午線放送局で世代間交流をテーマに
したシリーズビデオ「素晴らしき人生」での
インタビューがYou tubeなどで配信されて
います。
http://www.youtube.com/watch?feature
=player_embedded&v=vQ29eRhwzjc#!

2016年6月24日
Panasonicの2016年海外向卓上カレンダーの6月は国内向けと同じパリ、ノートルダム大聖堂。。
2017年 日立造船カレンダー
絵を描かせていただくようになって13年目になります。
日立造船の事業ドメインでもある再生可能エネルギーのプラント・設備に合わせ、2015年「水とともに」、2016年「太陽とともに」に続き、今年のテーマは「風とともに」

B4判、6枚もの、中トジ(16ページ)

INFORMATION

TOP PAGE

SKETCHES

PICTURES

BOOKS

EXHIBITION

FACTORY

LESSON

PROFILE

CONTACT

2016年7月23日
Panasonicの2016年海外向卓上カレンダーの7月は国内向けと同じ、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の一つ、三池炭鉱の万田坑の遺構。

2016年7月18日
真夏のスケッチ講座。カルチャーハウス香里ヶ丘の月曜クラスの2016年7月の講座は、阪急高槻市駅からほど近い、古い建物が少し残る城北地区。こんなところにこんな街角がと思ってしまう落ち着いた一画。文化財の大きな町家の医院を描いた。19世紀前半期に建てられた町家。横山家住宅主屋として国登録有形文化財。講評会は、受講されている方の一人が懇意にされている、ギャラリー、アートデアート・ビユーのテラスで。
2016年7月4日
関西経済連合会発行広報誌「経済人」2016年7月号は和歌山県の高野口町のスケッチで構成した。高野口町は2006年まで一つの町であったが、現在は橋本市に含まれている。その名のとおり、平安時代から高野山の参詣客でにぎわった町。かつて参詣客でにぎわった高野口駅や旅館葛城館、大規模な木造校舎が残っていることで全国的に有名な高野口小学校、特産の高野口パイルなどのバラエティに富む歴史遺産の風景。

2017年1月1日
国内外ともに、キナ臭い話題が多い昨今、2017年は、のんきに、そして自由に絵を描くことが楽しめる平和な年にしたいものと考え、
鳩車のスケッチをあしらった年賀状にした。

坂越の船祭り 赤穂    2015年  水彩  120x165mm
関西経済連合会発行広報誌「経済人」の2016年8月号は赤穂の坂越を歩いたスケッチで構成した。
秦河勝を祀る大避神社の船渡御祭。雅楽の楽家や観阿弥世阿弥親子、能の金春流などが秦河勝を始祖としているだけあって、勇壮なだけでなく華麗な神事が繰り広げられる。2隻の櫂伝馬が先導し、獅子船、頭人船、樂船、神輿船、供奉船、歌船などが、船上で獅子が舞い、雅楽を奏で、船歌を歌って、生島まで海上を練る。重要無形民俗文化財。

ポストカード8枚、一筆箋3種、レターセット(封筒・便箋)、クリアーファイル


スケッチ紀行「神戸街ものがたり」に
ページを追加しました。。

日立造船株式会社
2017年カレンダー
「風とともに」

サイト上の画像及び文章を許可なく転載・利用することをお断りします。

Copyright (C) Yasuda Yasuyuki YY-STUDIO All Right Reserved /Produced by Yasuda Yasuyuki  Since 2009/11/20

2016年11月29日
すてきなクリエーターによる
「PAVONI ART CHRISTMAS 2016」

10月~11月にかけ、個展「安田泰幸ドローイング展」を開催していただいたパボーニに集う作家の方々の作品展に、1点出品した。
会期は 2016年11月29日(火) - 12月23日(金)
会場は カーサ・ラ・パボーニ  大阪市北区堂島1-3-19 
案内ハガキは、若いころ、仕事でお世話になった、イラストレーター村上征生さんの作品

パナソニック株式会社
2016年卓上カレンダー
「松下幸之助の言葉-素直」

朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 絵はがきスケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222
Day by Day