2015年9月5日
2015年9月のカルチャーハウス香里ヶ丘のYYスケッチ講座土曜クラスは、京都の吉田牛之宮町にある京都大学YMCA会館「地塩寮」を描いた。1913年にW.M.ヴォーリズ設計で建てられたもの。もともとヴォーリズは、キリスト教伝道のために日本にやってきたわけだから、彼のキリスト教関係の建築作品は全国にたくさん残っているが、これもその一つ。武骨で厳格なフォルムだが、柔和な印象もうける。登録有形文化財。同じ敷地に同じ意匠を基本にした京都府立医科大学YMCA橘井寮やYMCA関西駐在主事宅もある。講評会は登録有形文化財の日仏会館のカフェで。

2015年8月4日 
街旅絵日記講座、2015年8月は滋賀県大津の琵琶湖畔へ。カンカン照りの暑い日。午後1時に集合して、大津港に戻ってきて停泊している外輪観光船ミシガンを描く。多くの方は、近くの待ち合い所のカフェから窓越しに描いておられた。この暑さではいたしかたない。2つ目のポイントは少し移動して、湖畔から。暑さでうだって、集中できず、絵も雑になってしまった。参加していただいた方々にお渡しした見せていただきましたシールはいつもと趣向を変えて。

2015年7月15日
朝日カルチャーセンターのYY絵はがき講座の昨年2015年7月は京都 高瀬川一之船入で。祇園祭のころ。晴天で陽射しがきつい。ここはかつての往来の要衝。材木や薪、炭など木を扱う商家が集まっていたので木屋町の名がついたとか。角倉了以、桂小五郎、大村益次郎、坂本龍馬、森鴎外・・・、歴史が積もる地である。

2015年7月5日
7月11日に開催される大阪大学司馬遼太郎記念学術講演会。司馬遼太郎が卒業した大阪外国語大学が阪大と一緒になり、毎年阪大の主催で開かれている。阪大の元は適塾ということで、講演会のチラシに「適塾」のスケッチが使われた。。


2015年7月3日 
昨年2015年7月、福山市のギャラリア風の巣で個展を開いていただいた。今回で3回目。前回は2007年だったから8年ぶり。6月に、講座でいつも一緒に描いている方たちと鞆の浦にも出かけ、描いたスケッチ数点も展示した。このスケッチもその一つ。港の常夜燈に向かう、旧太田家住宅や保命酒屋が並ぶ道。港のほうから描いたもの。
   ●第3回安田泰幸スケッチ展「街角風景帳」
     2015年7月3日(金)-28日(火)
     広島県福山市加茂町 ギャラリア風の巣





INFORMATION

Y  A  S  U  D  A   Y  A  S  U  Y  U  K  I


2015年7月12日
昨年のパナソニックの2015年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-道をひらく」の7月は、「熱意だけは誰にも負けない」という言葉。この言葉に、日本建築に環境工学を採り入れた先駆的な建築家藤井厚二が京都大山崎に、自らのために建てた実験住宅・聴竹居のスケッチを合わせた。
いつも情熱をもっていたいもの。そのためには信念を持たなくてはならない、そして信念をもつためには、広い知識と深い経験と豊かな想像力が必要だ。



2015年7月20日
2015年の夏、UCCコーヒー博物館の子ども向け夏休み企画の「キッズ・カフェ」親子図画工作教室で、コーヒー博物館のコレクションカップの絵を描き、そのあとマイカップのデコレーションをするというワークショップのお手伝いした。。2日目は小学校高学年とその家族。できあがったマイデコレーションカップは力作ぞろい。できあがった作品は、夏休みの間、博物館で展示された。
2015年6月17日
朝日カルチャーセンターのYY街旅スケッチ講座の2015年6月は大阪城の本丸で実施した。暑い日の平日であったが、人出が多く、にぎやか。多くは外国の観光客なのだろう。飛び交う言葉がわからない。スケッチしていると、突然前に立って対象物が見えなくなったり、のぞきこんできて、仲間に何やら大声で話しかけたり、もうたいへん。講評会はソフトクリームをなめながら。

ポストカード8枚、一筆箋3種、レターセット(封筒・便箋)、クリアーファイル

DAY BY DAY

朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 街旅スケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222
今年もよろしくお願い申しあげます。

Y  A  S  U  D  A   
Y  A  S  U  Y  U  K  I

2015年8月7日
日立造船の2015年カレンダー「Living with Water」。各月、日立造船の水関連プラントのイメージをテーマに描いたものだが、7-8月は南米ペルーのワカチナの砂漠。別世界のオアシス。
2015年7月4日
昨年7月のカルチャーハウス香里ヶ丘YYスケッチ講座土曜クラスは、中之島の田蓑橋から、阪大跡の街の眺めを描く予定にしていたが、あいにくの雨。急きょ変更して、高速道路で雨をしのぎながらダイビルの本館を描くことにした。1926年に渡辺節の設計で建てられたロマネスク様式を採り入れた近代の代表的なオフィスビル。戦災でも崩壊せずに残った貴重な歴史的建造物だが、近年解体され、外観だけを高層ビルの低層部に残している。講評会はフェスティバルタワーの地下のパブで。
 

新刊 「神戸街角ものがたり」
神戸新聞総合出版センター発行
定価1,890円 書店で発売中

新刊 「大工道具物語」
朝倉書店発行
定価1,890円 書店で発売中

2015年9月7日 
関西経済連合会発行の広報誌「経済人」9月号の表紙「スケッチ紀行・歴史を歩く」は、奈良県高取町を歩いて描いたスケッチで構成した。高取は高取藩植村家の城下町。高取城のふもと土佐街道には武家屋敷や商家が立ち並ぶ。またお里・沢市の壷阪霊験記で知られる壷阪寺の門前町でもある。豊かな表情を残す静かな町。


2015年8月14日
パナソニックの昨年2015年卓上カレンダー「松下幸之助の言葉-道をひらく」の8月は、「悩んでも 悩まない」という言葉。人間は悩みにぶつかるたびに、力が付き、成長できる・・・と。この言葉に、土地が低い故、苦労を重ね、治水技術を磨き、水をくみあげて豊かな国土を築いてきたオランダのキンデルダイクの風車群のスケッチをあわせた。

2015年7月26日
Panasonicの2015年海外向卓上カレンダー7月。
スケッチは国内向けと同じ聴竹居。。



2015年7月25日
昨年2015年7月の大人の遠足-街旅絵日記は、岸和田・紀州街道。綿織物で栄えた地だからか、街道沿いに古い銀行の建物がたくさん残っている。文化財にもなっているレトロな近代建築と、紀州街道の伝統的な商家の家並みなどをスケッチした。

2015年7月19日
UCCコーヒー博物館の子ども向け夏休み企画の「キッズ・カフェ」
親子図画工作教室の講師を仰せつかった。夏休みに入ってすぐの土・日、小学生とその家族とコーヒー博物館でカップの絵を描き、カップのデコレーションをするというワークショップ。1日目は小学校低学年とその家族。前半の図画では博物館に展示しているコレクションのコーヒーカップの中から思い思い好きなカップを選んで描く。


2015年7月14日 
2015年の7月の神戸新聞文化センター YY街角スケッチ講座は特に関係はないけどパリ祭の日。神戸の旧外国人居留地で新緑の街路を描くことにした。海外のファッションブランドの店やカフェが軒を並べる通り。道の両側にけやき並木が続く、駐車スペースのある一方通行の道路。建物は簡素だがヨコ文字のしゃれたサインや止めた車がヨーロッパの狭い路地を連想させて、好きな街角である。晴れた昼間、建物の影と並木の緑の明るい空間が神戸らしい街角の雰囲気をつくっている。

2015年7月2日
関西経済連合会発行の広報誌「経済人」7月号表紙「スケッチ紀行-歴史を歩く」は比叡山。延暦寺は平安時代初めに僧・最澄によって開かれた天台宗の総本山。山内は東塔、西塔、横川の三塔と呼ばれる広大な地域に広がる。世界遺産。延暦寺発祥の地にたつ根本中堂や大講堂、西塔のにない堂、それにケーブルなどのスケッチで構成した。

TODAY'S GALLERY

2016年4月9日 
2日ほど前の嵐で桜の花もほとんど散ってしまった土曜日。水彩スケッチ展が開かれている大阪府立図書館開催中のスケッチ展「中之島からはじまる街物語」に合わせて、図書館別館で講演会が開かれ、「歴史と文化を描く」というえらそうな演題でお話させていただいた。
ご清聴いただいた皆さま、ありがとうございました。
「安田泰幸水彩スケッチ展-中之島からはじまる街物語」   

   
◆「安田泰幸スケッチ展-中之島からはじまる街物語」

   2016年4月1日(金)-30日(土) 9:00-21:30 (土曜は17:00まで、日曜・祝日休館)

    大阪府立中之島図書館2F多目的スペース1

   ◆講演会ギャラリートーク 「歴史と文化を描く」 安田泰幸

    2016年4月9日(土) 14:00-15:00 別館多目的スペース3

 ポストカードサイズに描いたスケッチなど約400点と、30年以上にわたりスケッチを掲載していただいている
    関経連の広報誌「経済人」のスケッチ紀行表紙約200点などを展示します。平日は夜おそくまで開館しております。
    お時間がありましたらぜひご高覧ください。

カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 月曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
カルチャーハウス香里ヶ丘 
安田泰幸 水彩スケッチ講座 土曜クラス


 カルチャーハウス香里ヶ丘
 TEL 072-860-1131
スケッチ講座のご案内

INDEX

2015年8月5日
関西経済連合会発行の広報誌「経済人」8月号は淡路島の淡路市を歩いて描いたスケッチ。国生み伝説の伊弉諾神宮や線香の町江井、江崎灯台。そして県立淡路島公園に保存されている文化財の塩屋橋などで構成した。
2015年7月6日
福山市のギャラリア風の巣で個展を開いていただいた。今回はポストカードスケッチを少なめにして、F6、F4のスケッチを中心に額を準備した。全部で35点ほど。ギャラリーはサンタフェスタイルの建物。木と土の地肌を生かした温かみのある空間に作品を並べていただいた。

この催しは終了いたしました。ご高覧いただいたみなさまに深くお礼を申しあげます。

大阪府立図書館オリジナルステーショナリー
2大阪中之島図書館2Fのライブラリーショップで販売されています。

神戸新聞文化センター 
安田泰幸 街角スケッチ講座 


 神戸新聞文化センター三宮
 TEL 078-265-1100

子午線放送局で世代間交流をテーマに
したシリーズビデオ「素晴らしき人生」での
インタビューがYou tubeなどで配信されて
います。
http://www.youtube.com/watch?feature
=player_embedded&v=vQ29eRhwzjc#!

2015年8月29日  
2015年8月の朝日カルチャーYY街旅スケッチ講座は、神戸の須磨離宮公園へ。もとは浄土真宗本願寺派(西本願寺)の法主であった大谷光瑞の別邸があったところで、明治時代の末、宮内省が買収して、武庫離宮ができた。離宮にあった建造物群は戦災で焼失。その後、残った庭園が整備され、当時皇太子であった今の天皇の成婚記念に公園として神戸市に下賜された。晴れた日は、上のテラスから庭園の向うに海が広がる素晴らしい眺望だが、あいにくこの日はどんよりとした曇り。暑さで庭園の花も心なしかぐったりした様子だった。スケッチは以前のもの。

TOP PAGE

SKETCHES

PICTURES

BOOKS

EXHIBITION

FACTORY

LESSON

PROFILE

CONTACT


2015年8月11日
昨年2015年8月の神戸新聞文化センターのYY街角スケッチ講座は三宮のミントの教室で。真夏と真冬は外でのスケッチをひかえて室内で。今回はクラシックカメラを描くことにした。受講されているSさんが若いころカメラに興味をもっておられたようで、いいのは息子たちにやってしまったといいつつ、何点か持参してくださった。重いのに、申し訳ないことをした。

2015年7月17日
ホテルニューオータニ大阪の2015年夏のシーズングリーティングは、ホテルの屋上にあるプールを描くことに。プールサイドから大阪城が見える。実際にホテルに出向きプールサイドからかんたんにスケッチ、普通に水彩で彩色してみたが、プールの底の模様と水の表情が上手く出ず、ボツ。水と太陽の光線がつくるパターンを観察し直して、デザイン的に描いてみた。実際にポストカードに仕上がったものをいただいたが、なんとか雰囲気がでたかな。


旧鴻池本店 大阪此花       2015年  水彩 165x240mm
昨年2015年9月の朝日カルチャーYY街旅スケッチ講座。
大阪伝法の旧鴻池本店を描いた。和の商家主屋と、白と茶のタイル張りの洋風商館が並んでいるが、今回は商館の方を描くことにした。鴻池組、鴻池運輸を興した実業家で、今橋にあった豪商鴻池善右衛門家とはまったく関係ないそうだ。
2016年4月2日       

水彩スケッチ展が開かれている大阪府立図書館。リニューアル工事にあわせて、ミュージアムショップも設けられた。ライブラリーでもミュージアムショップという。中之島界隈を描いたスケッチを使用した図書館オリジナルのステーショナリーも作っていただき、販売されている。
絵はがき8種、一筆箋3種、封筒と便箋のセット、クリアファイル。
お立ち寄りになる機会がありましたら、のぞいてみてください

日立造船株式会社
2016年カレンダー
「太陽とともに」

安田泰幸 街旅絵日記講座 

YY工房
 Eメール yy-kobo@gaia.eonet.ne.jp

サイト上の画像及び文章を許可なく転載・利用することをお断りします。

Copyright (C) Yasuda Yasuyuki YY-STUDIO All Right Reserved /Produced by Yasuda Yasuyuki  Since 2009/11/20

パナソニック株式会社
2016年卓上カレンダー
「松下幸之助の言葉-素直」

朝日カルチャーセンター中之島 
安田泰幸 絵はがきスケッチ講座 


 朝日カルチャーセンター中之島教室
 TEL 06-6222-5222
Day by Day